ケーブルテレビ デジタルパック『Pioneer BD-V370』レポート

画像

↑↑ DIGITAL CATV STB(セットトップボックス) 『Pioneer BD-V370』


僕が福井ケーブルテレビに加入したのは、もう13年程前でして…
アナログコンバータ(NEC製)も、かなーり古くなり(僕の家電使用率、最年長でした)
僕の家電環境もテレビやレコーダー等は全てデジタルに移行してるのに…
ケーブルテレビ(コンバータ)だけアナログって…おかしくね!?

って事で、そろそろ…


You!!ケーブルテレビも『デジタルパック』
にしちゃえば、いいじゃん!!

てな感じで福井ケーブルテレビさんのデジタルパックコースに
契約変更しました。

福井ケーブルテレビについての詳細は ↓↓
http://www.fctv.jp/  


期待してた物と言えば、やはり…
STB(セットトップボックス)ですね♪

※STB(セットトップボックス)とは?
一般的にはホームターミナルと呼ばれる装置の一種で
ケーブルテレビや衛星放送、テレビ放送(デジタル放送、アナログ放送)、
IP放送(ブロードバンドVOD等)等の放送信号を受信して
一般のテレビで視聴可能な信号に変換する装置の事。
簡単に言うとチューナーの一種。


何処のメーカーを採用してるのかなぁ?と内心ドキドキワクワクでしたが
予想通り…Pioneer BD-V370でした。

BD-V370の主な仕様は ↓↓
http://pioneer.jp/cands/products/stb/bd_v370.html

(本当は…Panasonic製のHDD内蔵タイプ「TZ-DCH2000」 http://panasonic.biz/broad/product/catv/tz-dch2000/ を望んでいましたが…福井ケーブルテレビさんでは、今のところ、取り扱う予定は無いそうです。残念…)


早速、実機(BD-V370)を検証してみました☆

①リモコンも当然、付属しています。

画像


②視聴設定などは、シンプルです。

画像


③番組表は、縦型で新聞の番組欄の様なデザインです。

画像


④番組情報等は、一般の地デジチューナーと同じ感覚で見れます。

画像

↑現在の番組表示

画像

↑番組の詳細表示

画像

↑各放送局のデータ放送も、もちろん見れます。

⑤ジャンル検索から予約視聴(録画)も出来ます。

画像


画像


画像


画像



といった感じです。
STBとしての性能は…良い意味で、良くもなく悪くもなくって所でしょうかね。
HDMI端子も付いてるので将来性もある機種だと思います。


この記事が、ケーブルテレビユーザー(アナログ)で
もしデジタルへの変更を検討されてる方に参考にでもなれば幸いです☆

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック