コンパクトデジタルカメラ RICOH 「R10」 レポート1 (開封編)

マスメディアや各ブログで、コンデジであるリコー「R8」の評判を見ていると
かなり上々な評価だったので、少しづつ興味を抱き始めてしまい…
めでたく偶然!?にも、その後継機が9月5日に発売されていたので

画像

↑↑RICOH 「R10」を購入してしまいました。
デザインの方も「This カメラ!」ってな感じの男気のあるデザインでして、超カッコいいです。

購入先はカメラのキタムラさん。
41800円でした。

【RICOH 「R10」の主な仕様】

●有効画素数 1000万画素
●画像処理エンジン 「スムースイメージングエンジンIII」
●レンズ 35mm判換算28~200mm (広角28mmレンズ)
●光学7.1倍ズーム ※オートリサイズズームによって最大40.7倍(VGAサイズ)ズーム
●マクロ撮影 約1cm
●ブレ軽減機能 CCDシフト方式ブレ補正機能
●顔認識 フェイスモード(最大4人まで)
自動レベル補正機能
電子水準器搭載
●カラーブラケット機能
●ISO感度 80~1600
イージー撮影モード搭載
Fn(ファンクション)ボタン追加
●動画 AVI ※640×480(320×240) ※30フレーム(15フレーム)
●液晶モニター 3.0型 透過型アモルファスシリコンTFT液晶 (約46万ドット)
●記録メディア SDHC/SDメモリーカード (内蔵メモリー約54MB)

※赤字は「R10」から追加された機能です。

といった感じで今時の納得仕様となっています。

で…最初に言っておきますが
僕はカメラに関して、ぶっちゃけそんなに詳しくなく、どちらかと言えば…ド素人な「バカチョン派」なので
今回の「R10」レビューでは…バカチョン派でも使いこなせるか?
をテーマに「R10」のレビューをさせて頂きます。
なんてったって…今まではパナの「おまかせiAモード」ばかり頼っていましたからね~(^^;
※「おまかせiAモード」の参考記事はコチラ

本当なら、25000円前後の安さで売られている「R8」でも良かったのですが…
「イージー撮影モード」が付いたって事で文句無しに「R10」に決めました。
あと、評判のデザインも殆ど変わらなかったし
少しばかり…カメラ撮影って事に、こだわってみようかなぁ~って気持ちもありましたしね。
僕にとって、かなり冒険した買い物だと思いますよ、正直。

さて
色々な事を考えてもしょうがないので、早速「R10」を開封したいと思います!

画像

↑↑パッケージの箱は究極のエコ仕様ですね(^^;

画像

↑↑付属品は…ソフトウェアCD-ROM・マニュアル

画像

↑↑リチャージャブルバッテリー 「DB-70」・バッテリーチャージャー 「BJ-7」

画像

↑↑USBケーブル・AVケーブル

画像

↑↑ストラップです。

画像

↑↑それでは「R10」本体をじっくりチェックしたいと思います。

画像

画像

↑↑まずは上部から。
ヘアライン加工されており質感もなかなかの物です。
モードダイヤルに新たなモード「EASY」が追加されたのは、パカチョン派の僕にとっては嬉しい限りです。
MY1(2)とは、自分仕様に設定できるカスタマイズモードでして
よく使う設定を登録しておけば、かなり便利かも。

画像

画像

↑↑背面です。
液晶モニターは非常に高精細でして解像度は46万ドットもあるので
かなり見易いです。納得のサイズ(3.0型)ですし。
ただ…発色は少し派手な表現でして、G(緑)が若干強いかなぁ~って感じがしました。

画像

↑↑操作性は、リコー製品を始めて買った僕でも違和感なく扱えたので、なかなか好印象でした。
新たに追加された、Fn(ファンクション)ボタンは
あらかじめ「AEロック」、「ステップズーム」、「逆光補正」などの機能を登録しておけば
突然のシャッターチャンスにも機敏に対応することが可能…との事なので重宝しそうなボタンですね。

画像

画像

↑↑下部です。
特にイジる箇所はありませんが
バッテリーとカードを入れるカバー、そして三脚のネジ穴が付いています。

画像

画像

↑↑正面のグリップ部分は多少改良しているらしく、「R8」と比べると若干デザインが変わっております。
グリップ部分は、なかなか持ち易くて好印象ですね。

画像

↑↑側面(右)は、端子とストラップ取り付け穴が付いています。
ストラップ穴は、上下に付いており
上か下か好きな方を選べるので意外と便利です。ちなみに僕は下にストラップを取り付けました。

画像

↑↑端子はUSB端子とAV出力端子が装備されてます。

画像

画像

↑↑レンズの出っ張りチェックです。通常(28mm)では、こんな感じ(写真上)。
写真下では、光学7.1倍(200mm)にズームした場合です。


○専用ソフトケース「SC-80BK」も購入

画像

↑↑やっぱりケースも必要だったので、「R10」純正のケース「SC-80BK」も追加購入しました。
※「R8」にも対応してます。

画像

↑↑横からも…

画像

↑↑上からも出し入れが可能です。

画像

↑↑ちなみにベルト通しは、横タイプになっています。
価格は3300円前後で売られています。ちなみに…僕の場合ポイントで購入したので、実質タダでした。

って事で…
コンパクトデジタルカメラ RICOH 「R10」 レポート2 (撮影機能編)
につづく。

画像

RICOH 「R10」 公式サイト

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック