Microsoft Webカメラ 「LifeCam VX-2000」 レポート

今回は、マイクロソフトさんのWebカメラを購入したので…プチ・レポートしたいと思います。

画像

↑↑写真は、Microsoft 「LifeCam VX-2000」でございます。

この製品は、2009年の7月に発売された若干古い製品のWebカメラです。
何故、Webカメラを購入したかと言うと…ツイキャスやUstを実験的にやるつもりだからw
自作パソコンにもWebカメラが欲しいなぁとも思っていましたし。

「LifeCam VX-2000」 主な特徴

●30万画素ビデオセンサー
●640×480 のビデオ キャプチャが可能
●130万画素の静止画を撮影することも可能
●内蔵マイク
●3倍ズーム
●Windows Live Messenger に最適化された4つの機能


スペックを見ての通り、エントリーモデルのライフカムです。
で…このWebカメラを使いこなしてきたら、「LifeCam HD-5000」でも買おうかとw

画像

↑↑付属品は、マニュアルの書類とソフトウェアCD-ROM (LifeCam 3.0)です。

画像

↑↑これが本体の「LifeCam VX-2000」。
エントリーモデルながら、デザインはまあまあだと感じます。
ケーブルを束ねるマジックテープまで付いていますw

画像

↑↑真上にWindows Live Call ボタンが配置されてます。

画像

↑↑PCに繋げると、緑のLEDが点灯します。

画像

↑↑もちろん、いろんな角度に調整可能なので、簡単にカメラの向きを変えれます。

画像

画像

↑↑ベースで挟むことで、簡単にいろんな場所に装着も可能。

画質は、エントリーモデル(30万画素)なので…それなり。
オートフォーカスではないので、接写は…やっぱり厳しいw
まっ…2000円前後で売られていて、気楽に購入できるので欲しい方は是非ともw
失礼しました。

【関連リンク】
Microsoft 「LifeCam VX-2000」 公式ページ

※特徴や課題については、あくまで僕の個人的な意見に基く表記です。
なお、情報内容(仕様・スペック等)に誤りがあった場合は、直ちに修正いたします。
※コメントを希望される方は、ツイッターの“@Digital_BAKA”宛までお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック