【缶のエアスプレーより良いの?】サンワサプライさんの「電動エアダスター」を使ってみた【USB充電式でLEDライトも搭載】

今回は、前々から個人的に気になっていた電動エアダスターを紹介します。

s-watermarked-DSC02146.jpg
サンワサプライさんの「電動エアダスター」(CD-ADE1BK)です。実売価格はAmazonさんで6500円前後となっています。





s-watermarked-DSC02120.jpg
● 繰り返し使える充電式電動エアダスター
● 本体はどの向きでも使用可能(逆さにも対応)
● 付属のノズルは狭い箇所での使用に最適で、使用後は収納も可能
● 使いたい時に何度でも、コストを気にすることなく、手軽にお掃除
● 噴射ボタンを2回連続で押すと、連続噴射(もう一度押すと停止)
● 通常のエアダスターに比べ、繰り返しの購入は不要
● 空き缶の処理、ガスの匂い、火気による危険がありません

■ バッテリー容量:6000mA
■ 使用可能時間:約20分
■ 充電時間:2Aの場合 約2.5時間、1Aの場合 約5時間
■ ノイズ:76~80dB
■ サイズ:55×94×185mm
■ 重量:320g
■ 風圧:27~32g
■ LED点灯時間:24時間(LEDのみ使用時)

s-watermarked-DSC02129.jpg
s-watermarked-DSC02125.jpg
少し余談となりますが、当ブログの場合、Amazonアウトレットで通常より1000円安い約5500円で購入しました。アウトレット品の理由は外装の損傷のようですが…この程度なら新品でも通用すると思います。お得でした。

s-watermarked-DSC01287.jpg
前回のエントリーで紹介した新品購入のCFexpress Type A / SDカードリーダー「MRW-G2」の方がよっぽとアウトレット品でしたね…w

【関連記事】
【男は黙ってSONY純正】CFexpress Type Aという名の最強メモリカード「CEA-G160T」とカードリーダー「MRW-G2」開封レビュー!

s-watermarked-DSC02132.jpg
セット内容は、電動エアダスター本体、USB-C to USB-Aの充電ケーブル(約1m)、マニュアルとなります。

s-watermarked-DSC02153.jpg
本体の電動エアダスターは、こんな感じ。

s-watermarked-DSC02158.jpg
s-watermarked-DSC02160.jpg
付属のノズルは収納も可能で、狭い箇所での使用に最適。

s-watermarked-DSC02183.jpg
意外とコンパクトサイズで、缶のエアダスターより若干小さい感じでしょうか。

s-watermarked-DSC02164.jpg
s-watermarked-DSC02192.jpg
噴射ボタンは、押しっぱなしで噴射し、2回連続で押すと連続噴射となります。何気に持ちやすくて良い感じ。(連続噴射は、噴射ボタンをもう一度押すと停止します)

s-watermarked-DSC02171.jpg
LEDライトも搭載しており、暗所でも掃除が可能です。LEDライトのみの使用も可能で、ちょっとした懐中電灯としても使えます。

s-watermarked-DSC02166.jpg
背面に充電用のUSB-C端子とLEDライトボタン。

s-watermarked-DSC02176.jpg
サイドに青のLEDランプ。充電中や使用中に点灯します。

s-watermarked-DSC02198.jpg
モーターパワーは40W(35000rpm)で、風圧は27~32gだそうです。なので、掃除機並みの騒音です。(ノイズは76~80dB)

s-watermarked-DSC02187.jpg
肝心の風力は、缶タイプのエアダスターより弱い印象ですが、全然使えますね。強すぎず弱すぎずといった感じ。机などのホコリや自作パソコンなどの空冷ファンの掃除には充分な風力です。LEDライトが付いているのも地味に便利。瞬発力はないので、そんな時は缶タイプのエアダスターの方が有利ですね。

s-watermarked-DSC02146.jpg
何より缶のエアダスターより、充電さえすれば何回も使用できるので経済的です。特に冬はファンヒーターを使用する方も多いと思いますが、その場合、缶のエアダスター(ガスタイプ)の使用は厳禁です。そんな時にも「電動エアダスター」は安全で良いですね。満充電で、使用可能時間は約20分で必要十分。唯一の欠点はモーター音が大きい事ですかね。

※念のため言っておきますが、カメラのセンサー掃除やレンズ掃除には使わない方が良いです。(素直にカメラ用のブロアーを使用しましょう)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック