【やっぱGeForceでしょ】ASUS「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」レビュー【RTX 4080でもArc A770でもなく「RTX 3060」購入】

今回は、やや今更感がありますが「RTX 3060」のビデオカードを紹介します。※RTX 4080でもArc A770のレビューでもありません()

s-watermarked-DSC04038.jpg
2021年6月頃に発売された、ASUSさんの「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」です。実売価格はAmazonさんで59,200円前後となっています。





【関連記事】
RTX3060なのにコンパクト・軽量だからMini ITXやMicro ATXに最適!「MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC」開封レビュー!
MSI「GeForce RTX 3060 GAMING X 12G」(GeForce RTX 3060)購入レビュー!【自作サブマシン・グラフィックボード編】
【カッコ良い・デカい・強そうな3070Ti】ASUSさんの「ROG Strix GeForce RTX 3070 Ti OC Edition」(ROG-STRIX-RTX3070TI-O8G-GAMING)開封レビュー!!

s-watermarked-DSC03997.jpg
● ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING ※NVIDIA GeForce RTX 3060(LHR)
● 3台のAxial-techファン ※乱流を低減するセンターファンの逆回転
● GPUの温度が50度以下になるとファンストップモードが作動
● 3× DisplayPort 1.4a / 2× HDMI 2.1
● Dual Biosスイッチ搭載 ※1912 MHz(OCモード)/ 1882 MHz(ゲームモード)

s-watermarked-DSC04009.jpg
s-watermarked-DSC04021.jpg
付属品は、ROGのマジックテープ(2個)と謎のトレカとマニュアルなどの書類です。

s-watermarked-DSC04024.jpg
本体の「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」(LHR版)です。はい、カッコイイ。さすがROGブランドのビデオカードですね。

FhaDoatVQAA3GBr.jpg
なぜ今更「RTX 3060」をレビューしてるの?と思われている方もいらっしゃるかもしれないので、簡単に説明します。早い話が11月11日に発売された「Intel Arc A770 Limited Edition(16GB)」※リファレンスモデルをキャンセルした為です。その代わりに「RTX 3060」を選んだという事なんです。

FhaLff_UoAI4i39.jpg
16GBの帯域幅の広いメモリを備えているのが魅力のビデオカードですが、まだまだビデオカードとして未熟な所が目立っており、当ブログはArc A770のリファレンスモデルはキャンセルしました。ちなみにゲーミング性能は「RTX 3060」くらいの性能だそうです。割り引きクーポンとか一切なしで62,898円(Amazon販売)で買えたから、お得だったのですが、ガチで使うとなると不安だったのです。

s-watermarked-DSC04065.jpg
Arc A770のリファレンスモデルは見た目がめちゃくちゃ良かったので「RTX 3060」もそれなりのデザインで、価格の安い製品を探していましたが、コレ以外に選択肢はなかったですね。うん「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」を選んで正解でした。

s-watermarked-DSC04072.jpg
ファンは、3台のAxial-techファンを搭載しており、乱流を低減するセンターファンの逆回転仕様だそうです。※左右のファンが左回りで、中央のファンが右回りに回転します。

また、GPUの温度が50度以下になるとファンストップモードが作動します。

s-watermarked-DSC04049.jpg
コレは良い!と思った箇所がインターフェース。DisplayPort 1.4aが3端子あるのは普通ですが、HDMI 2.1が2端子あるのは珍しいですよね。当ブログのディスプレイ環境だと、HDMI 2.1端子が2つあると良いなぁと思っていたので、かなり助かりました。※最大出力数は仕様で4ポートまで。

s-watermarked-DSC04055.jpg
I/Oブラケットは、ステンレス鋼で作られています。ちなみにグラボサイズは2.7スロット分。

s-watermarked-DSC04062.jpg
端子部分に保護カバーが付いているのも好印象。コストかけてます。

s-watermarked-DSC04078.jpg
正面は、こんな感じ。

s-watermarked-DSC04081.jpg
補助電源は8ピンのみです。電力に優しい「RTX 3060」ですね。

s-watermarked-DSC04085.jpg
またDual Biosスイッチ搭載で「パフォーマンス」モードと「静音」モードを選択することができます。静粛性重視の「​Quiet(Q MODE)」と冷却重視の「Performance(P MODE)」から選べるようになっています。
 
s-watermarked-DSC04093.jpg
バックプレートもカッコイイですね。通気口が広く冷却効率も良さそうです。

s-watermarked-DSC04097.jpg
バックライト付きのROGロゴも素敵。

s-watermarked-DSC04103.jpg
サイドの裏側を見ると、大型で高性能なヒートシンクを備えている事が分かります。

s-watermarked-DSC04109.jpg
お尻も無駄にカッコイイ。

s-watermarked-DSC04117.jpg
s-watermarked-DSC04129.jpg
では、自作PCに取り付け。

s-watermarked-DSC04151.jpg
s-watermarked-DSC04156.jpg
初期状態では、LEDがこれでもか!と言わんばかりにレインボーで光ってます。良いっすね。

s-watermarked-DSC04167.jpg
バックプレートのROGロゴも光っております。

スクリーンショット 2022-11-15 024046.png
もちろん、ASUSさんのArmoury Crate(アーマリークレート)というアプリでLEDの制御が可能です。

s-watermarked-DSC04171.jpg
個人的には赤く光らせるのが一番好きかも。

スクリーンショット 2022-11-15 025530.png
では、お約束のみんな大好き「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」を試してみました。

「Ryzen 5 7600X」搭載マシンでは、フルHD・標準品質・フルスクリーンだと、スコア12729点の非常に快適。

スクリーンショット 2022-11-16 021225.png

「Core i7-13700K」搭載マシンでは、フルHD・標準品質・フルスクリーンだと、スコア12565点の非常に快適。

参考として…

3070Ti.jpg
「RTX 3070 Ti」では、18586点の非常に快適。

MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC.png
同じ「RTX 3060」搭載の「MSI GeForce RTX 3060 VENTUS 2X 12G OC」では、12629点の非常に快適。

スクリーンショット 2022-11-07 090646.jpg
「Core i7-13700K」の内蔵グラフィックスである「Intel UHD Graphics 770」では、1286点の動作困難。

スクリーンショット 2022-11-13 125840.png
「Ryzen 5 7600X」の内蔵グラフィックスである「Radeon Graphics」では、1143点の動作困難でした。

s-watermarked-DSC04181.jpg
つづいて、4K動画のエンコード(レンダリング)時間も手動で計測しました。【約15分の編集済み4K動画をPremiereで計測】

・Core i7-13700K・ハードウェアレンダリング(RTX 3060)・4分9秒

参考として
・Core i7-13700K・ソフトウェアレンダリング・10分18秒
・Core i7-13700K・ハードウェアレンダリング(RTX 3070 Ti)・4分40秒

となりました。ハードウェアレンダリングだと「RTX 3070 Ti」より約30秒ほど高速でした。12GBという帯域幅の広いメモリが関係しているのでしょうか。

s-watermarked-DSC04178.jpg
余談ですが「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」を「Core i7-13700K」マシンに接続した所、動作が不安定になりまして…どうして?と色々と調査した所…補助電源の延長ケーブルを繋げているとベンチマークソフトや動画編集ソフトなどを起動するとフリーズするという事が分かりました。いやぁ参りましたw ご参考までに。

s-watermarked-DSC04038.jpg
今更感のある「RTX 3060」レビューですが、動画編集などのクリエイター向けとして考えれば、まだまだ戦えるグラボですね。しかも6万円を切った59,200円前後という価格もコスパが高く魅力的です。もちろん、ゲーム目的でもフルHD~WQHDなら全然戦えます。

今が旬の「RTX 4080」より、4分の1程度の価格で「RTX 3060」が買えますよ()

この記事へのコメント