QD-OLEDの4K有機ELテレビ「A95K(55V型)」をPCディスプレイとして使ってみる【BRAVIA XR】

今回は、BRAVIA XRの4K有機ELテレビ「A95K(55V型)」をパソコンモニターとして使ってみた雑感です。

s-watermarked-DSC00727.jpg
写真のテレビは、2022年モデルのBRAVIA XR・A95Kシリーズ・4K有機ELテレビ「XRJ-55A95K(55V型)」です。実売価格はAmazonさんで320,000円前後となっています。





【関連記事】
【QD-OLEDがやってきた!】BRAVIA XR・A95Kシリーズ・4K有機ELテレビ「XRJ-55A95K(55V型)」レビュー【その1(開封編)】
【QD-OLEDがやってきた!】BRAVIA XR・A95Kシリーズ・4K有機ELテレビ「XRJ-55A95K(55V型)」レビュー【その2(本体編)】
【QD-OLEDがやってきた!】BRAVIA XR・A95Kシリーズ・4K有機ELテレビ「XRJ-55A95K(55V型)」レビュー【その3(BRAVIA CAM編)】

2023年/2022年/2021年モデルのBRAVIAが新メニュー追加のアップデートを開始【YouTube】
【BRAVIAアップデート(11月24日付)】「BRAVIA CAM」との連携機能を追加 &「ブラビアみまもり」が面白い
【YouTube】BRAVIA XRで日本を応援!4K有機ELテレビ「XRJ-55A95K(55V型)」で高画質サッカー観戦!【安くなってきたQD-OLED】

【4K有機ELと4K液晶の全6シリーズ】BRAVIA(2023年春モデル)が日本で発表【A95Lシリーズは??】
【海外発表のブラビア(2023年モデル)で注目のモデルをチェック】米ソニーが2023年モデルのBRAVIA XRを発表!【今年は控えめ?】

当ブログが、メインのテレビに4K有機ELテレビを選んだのは、約6年前の「KJ-55A8F」(55V型)からでした。時系列で紹介すると…

・4K有機ELテレビ A8Fシリーズ「KJ-55A8F」(55V型)2018年モデル
・4K有機ELテレビ A9Gシリーズ 「KJ-55A9G」(55V型)2019年モデル
・4K有機ELテレビ A80Jシリーズ「XRJ-55A80J」(55V型)2021年モデル
・4K有機ELテレビ A95Kシリーズ「XRJ-55A95K」(55V型)2022年モデル


という購入歴ですね。この6年間はテレビ(OLED)の画面焼き付きが心配で、パソコンモニターとして4K有機ELテレビを使うのは躊躇してました。

s-watermarked-DSC00674.jpg
しかし、サブ的に「A95K(55V型)」をパソコンモニターとして使うなら、焼き付きは大丈夫なんじゃない?と思い、今年から4K有機ELテレビ(ブラビア)をパソコンモニターとして使う事にしました。

s-watermarked-DSC00645.jpg
メインのパソコンモニターは、Dellさんの4Kゲーミングモニター「G3223Q」となり、サイズは32型となります。

【関連記事】
【発表時は6.7万円という価格破壊で販売】Dell 32型 4Kゲーミングモニター「G3223Q」開封レビュー!【HDMI2.1搭載機】※重要な追記情報あり(4/23)
Dell 32型 4Kゲーミングモニター「G3223Q」最新ファームウェア・アップデート情報【バージョン・M3T102】

s-watermarked-DSC00639.jpg
ぶっちゃけ、PCディスプレイ用途なら32型でも充分に大きいサイズなんですが、55インチなら更に見やすく迫力があるだろうなと早速接続。うん、良いっすね。55インチだとWindowsの表示が別次元です。

s-watermarked-DSC00651.jpg
Dot by Dot(ドット・バイ・ドット)だと、流石に文字が小さく見づらいですが、55インチというサイズなので、1mほど離れている状態でも普通に読めますね。※スケーリング100%表示です。

s-watermarked-DSC00656.jpg
個人的には55インチに限らず、スケーリング125%設定が丁度良い表示サイズですね。

s-watermarked-DSC00658.jpg
もちろん、文字の滲みは皆無です。綺麗に表示されます。

s-watermarked-DSC00727.jpg
あと単純に有機ELパネル(QD-OLED)という事もあり、色鮮やかで非常に綺麗な画面でパソコンを使えちゃいます。

s-watermarked-DSC00669.jpg
画質モードは「グラフィックス」となっています。画質モードはデフォルト設定(グラフィックス)で充分ですね。

s-watermarked-DSC00670.jpg
ただ個人的に、画質モードは少し変更してあり、色温度を「低」にして、ライブカラーを「弱」にしてあります。

スクリーンショット 2023-07-03 211352.png
100%の高画質を楽しむなら、Windows側でもちょっとした設定が必要です。「A95K(55V型)」は10bit表示に対応しているので、NVIDIA コントロールパネルより、解像度の変更から、出力の色の深度を10bpcにします。※NVIDIA製ビデオカードの場合です。

スクリーンショット 2023-07-03 211514.png
ディスプレイの詳細設定を確認すると、ちゃんとビットの深度が10ビットになっている事が確認されます。

※8bit表示は約1677万色。対して10bit表示は約10億6433万色となります。

s-watermarked-DSC00682.jpg
そうそう、メインPCのビデオカードは「ASUS ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」(GeForce RTX 3060)を使っています。

【関連記事】
【やっぱGeForceでしょ】ASUS「ROG-STRIX-RTX3060-O12G-V2-GAMING」レビュー【RTX 4080でもArc A770でもなく「RTX 3060」購入】

s-watermarked-DSC00692.jpg
という事で、PCモニターに「A95K(55V型)」を使い、Adobe Lightroomを使ってみます。55インチというサイズ感に高画質、めちゃくちゃ使いやすいですね(語彙力)現像が捗ります。

s-watermarked-DSC00702.jpg
元々はテレビなので、わざわざパソコン経由で動画を視聴するのはどうなの?と思いますが、YouTubeも視聴してみました。普通のパソコンモニターでは味わえない迫力です。

スクリーンショット 2023-07-06 012207.png
ではディスプレイのプロパティをチェック。デバイス名は「SONY TV *30」と認識しており、当然HDRも対応しています。

s-watermarked-DSC00717.jpg
接続端子は、HDMI(4)入力端子です。※4K/120fps、eARC、VRR、ALLMに対応 ※4K 60p 4:4:4、4:2:2、および4K 60p 4:2:0 10bitなどに対応

s-watermarked-DSC00723.jpg
HDMI信号フォーマットは、拡張フォーマットを選択。

スクリーンショット 2023-07-03 211118.png
HDMI(4)入力端子は、リフレッシュレート120Hzに対応しているので、ちょっとしたゲーミングモニターとしても使用可能です。

s-watermarked-DSC00710.jpg
あくまでも有機ELテレビなので「画面の焼き付き」は多少なりとも対策が必要です。当ブログの場合は、ブラビア側の無操作電源オフ機能で、1時間~2時間でテレビの電源をオフにする設定をしています。

s-watermarked-DSC00715.jpg
更にスリープタイマーでも時間がきたら電源をオフにし、画面焼き付きの対策をしています。※PCを使用しない時は、消画(しょうが)にしておくのも良いかも。

スクリーンショット 2023-07-06 021412.png
もちろん、Windows側でスリープや電源オフ設定を早めに実行されるようにしておくのも良いですね。※スクリーンセーバーも効果的です。

s-watermarked-DSC00645.jpg
ちゃんと画面の焼き付き対策さえしておけば「A95K(55V型)」は最高のパソコンディスプレイとして使えますよ。メインディスプレイとして使用するのは贅沢すぎるので、サブディスプレイとして使用するなら超オススメ。

A95Kシリーズに限らず、BRAVIAをパソコンモニターとして使用するのは良いですよ。

この記事へのコメント