【猿でも分かるDDR5メモリ取付&BIOS設定】CORSAIR「VENGEANCE RGB DDR5 64GB(32GB×2)」購入【AM5マザボの場合】

今回は、DDR5メモリ 64GB(32GB×2)を紹介します。

s-watermarked-DSC02751.jpg
CORSAIRさんの「VENGEANCE RGB DDR5(5600MHz)64GB(32GB×2枚)ブラック」です。実売価格はAmazonさんで30,969円前後となっています。





【関連記事】
【Ryzen 7000シリーズに向けて】値上げラッシュで嫌な予感がしたので…DDR5メモリ32GBを先行購入してみた【Amazonタイムセール】
【Ryzen 7000対応マザボ】ASRock「X670E PG Lightning」開封レビュー【ASRockさんのX670Eマザボでいっちゃん安いぞ】
【1番安いRyzen 7000をゲット】AMD「Ryzen 5 7600X」開封レビュー【最強の6コア12スレッドCPUになれる?】

s-watermarked-DSC02741.jpg
● デスクトップPC用メモリ(CMH64GX5M2B5600C36)
● RAM容量 ‎64GB(32GB×2枚)
● メモリタイプ ‎DDR5(RGB搭載)
● メモリクロック数 ‎5600MHz(PC5-44800)
● 電圧 ‎1.25ボルト
● 「VENGEANCE」は「ヴェンジェンス」と読むらしいです

s-watermarked-DSC02748.jpg
セット内容は、こんな感じ。付属は書類のみ。

s-watermarked-DSC02751.jpg
本体の「VENGEANCE RGB DDR5 64GB(32GB×2)」です。ヒートシンクのデザインが個人的に好きですね。ちなみに「VENGEANCE」は「ヴェンジェンス」と読むらしいです。

s-watermarked-DSC02757.jpg
真上にRGBが搭載されています。

s-watermarked-DSC02747.jpg
ちなみに、Teamさんの「Vulcanシリーズ DDR5 5200Mhz 16GBx2枚(32GB)」からアップグレードしました。

s-watermarked-DSC02814.jpg
ぶっちゃけ、32GB(5200Mhz)でも困る事はありませんが、ロマン重視で64GB(5600MHz)に買い替えです。

s-watermarked-DSC02818.jpg
マザーボード「ASRock X670E PG Lightning」(Ryzen 7000 シリーズ・X670チップセット)の場合、2枚のメモリを挿す時は、A2スロットとB2スロットに挿します。

s-watermarked-DSC02830.jpg
参考として初期起動時は、UEFI(BIOS)の起動時間がやけに長いので気長に待ちましょう。※仕様らしいです。

s-watermarked-DSC02840.jpg
自作PC(メモリ)を新規で組んだら、何はともあれ、UEFI(BIOS)を起動します。※ASRockのマザーボードの場合、F2かDelを押すとUEFI(BIOS)が起動します。

UEFI(BIOS)が起動したら「OCツール」を選択し「DRAM Profile Configuration」を選択します。

s-watermarked-DSC02831.jpg
次に1番上にある「DRAM Profile Setting」を選択します。

s-watermarked-DSC02835.jpg
あとは「XMP1-5600 36-36-36-76 1.25V」を選択するだけ。この後、UEFI(BIOS)の設定を保存して再起動。Windowsを起動させます。

スクリーンショット 2023-08-20 202429.png
タスクマネージャーでチェックすると、速度がちゃんと5600MHzで動作しています。※UEFI(BIOS)でメモリ設定しないと、速度は4800MHz動作となります。

Screenshot_20230821-203152.png
ASRock Japanさんのツイート(ポスト)を見ると、4枚挿しの場合はクロック周波数が、4000MHz または 3600MHzまで落ちるみたいですね。速度を取るか、容量を取るかという感じです。

s-watermarked-DSC02860.jpg
「VENGEANCE RGB DDR5 64GB(32GB×2)」のRGBは、こんな感じで光ります。良い感じで光っていますが、100%の明るさだとめちゃくちゃ眩しいです()

スクリーンショット 2023-08-20 204119.png
CORSAIRさんのソフトウェア「iCUE(アイキュー)」をインストールすると、RGBの光り方(パターン)を制御できるようになります。細かく設定可能なので色々と弄ってみて下さい。

スクリーンショット 2023-08-21 011227.png
当ブログの場合は、明るさを20%にして、RGBは赤く点灯させています。

s-watermarked-DSC02851.jpg
「VENGEANCE RGB DDR5 64GB(32GB×2)」は、2023年8月現在では3万円弱という価格です。決して安くはありませんが、良い感じで光るRGB搭載ですし、1年前と比べると随分とDDR5メモリも安くなってます。3万円を切ったら間違いなくオススメ。



【Digital-BAKA】の自作PC(サブマシン)スペック表 ※2023年8月現在

・CPU
「AMD Ryzen 5 7600X」(6コア / 12スレッド)
※サーマルパッド「Thermal Grizzly TG-CA-38-38-02-R」使用

・マザーボード
「ASRock X670E PG Lightning」

・メモリ
「CORSAIR VENGEANCE RGB DDR5シリーズ 64GB(32GBx2枚)」※DDR5 5600Mhz

・ビデオカード 
「ASUS TUF GAMING GeForce RTX 4070 OC Edition 12GB GDDR6X」

・電源ユニット    
「Corsair RM850x -2018-850W」※延長モジュラーケーブルはNovonest製のレッド

・PCケース    
「NZXT H510i」(Black & RED)

・簡易水冷ファン
「NZXT KRAKEN X53」(AM4用マウント使用)

・ケースファン 
「NZXT Aer RGB 2(120mm)」× 2ヶ

・ストレージ  
「Samsung 980 PRO PCI-E Gen4(1TB)」※システム
「Samsung 980 PRO PCI-E Gen4(1TB)」
「Samsung SSD 870 QVO 2TB(SATA 2.5)」
「Samsung SSD 870 QVO 2TB(SATA 2.5)」

この記事へのコメント