「iPhone 15 / iPhone 15 Pro」のダミーモデル(コールドモック)を見て触って感じた事

ついにiPhone 15シリーズが9月13日に公式発表されました。そこで…今回は「iPhone 15 / iPhone 15 Pro」のダミーモデルを入手したので、その「おもちゃ」をチェックしていきます。

s-watermarked-DSC03255.jpg
写真左が「iPhone 15(ブラック)」で、写真右が「iPhone 15 Pro(ホワイト)」のダミーモデルです。



【iPhone 15 Pro(ダミーモデル)と iPhone 14 Pro(本物)の本体比較】

s-watermarked-DSC03249.jpg
当ブログは、現在iPhone 14 Proユーザーなので、買い替え予定のiPhone 15 Pro(ダミーモデル)と本体比較してみます。

今回紹介している「iPhone 15 Pro」は、あくまでもダミーモデルなので、デザインやカラーは本物と違う仕様の可能性があります。その辺りを考慮してご覧ください。

s-watermarked-DSC03216.jpg
写真左が「iPhone 14 Pro(本物・ディープパープル)」となり、写真右が「iPhone 15 Pro(ダミーモデル・ホワイト)」です。

背面に関しては、ほぼ同じ形状です。また写真では分かりづらいですが、Appleロゴの位置も同じでした。

s-watermarked-DSC03260.jpg
カメラ(レンズ)のサイズも、ほぼ同じ印象ですが、若干「iPhone 15 Pro(ダミーモデル)」の方がサイズアップしている気がします。

s-watermarked-DSC03239.jpg
ディスプレイ側は、ダミーモデルなので、作りが雑になっており、よく分かりません。インカメラの位置は同じ印象。

※サードパーティー製の保護ガラスフィルム販売をチェックすると「iPhone 15 Pro」と「iPhone 14 Pro」の保護ガラスフィルムには互換性がないようです。

s-watermarked-DSC03245.jpg
側面をチェックすると、違いが分かります。「iPhone 15 Pro(ダミーモデル)」は、エッジ部分が丸みを帯びてます。「iPhone 15 Pro」の実機はチタニウムを採用しているので、質感は全く違うと思います。ダミーモデルは質感が微妙で安っぽいです。

s-watermarked-DSC03223.jpg
端子は、Lightningから「みんなうれしい」USB-C端子に変更されましたが、見た目は同じかな。ダミーモデルなので、この辺りの作りは適当ですね。

※「iPhone 15 Pro」のUSB-C端子は、USB 3(最大10Gb/s)とDisplayPortをサポートしているようです。

s-watermarked-DSC03228.jpg
左側面です。ボタンとSIMスロットの位置が2mmほど下にズレていますね。

s-watermarked-DSC03232.jpg
ミュート機能を持つ切替スイッチは、アクションボタンに変更されています。またボリュームボタンは細長くなり、上下が繋がっている仕様になっていますね。

しかし「iPhone 15 Pro」の実機はボタンが独立しているので、この辺りは見た目が異なっています。所詮ダミーモデルですね。

s-watermarked-DSC03234.jpg
右側面。電源ボタンが2mm程度下にズレています。

【iPhone 15(ブラック)のダミーモデルをチェック】

s-watermarked-DSC03266.jpg
つづいて「iPhone 15(ブラック)」のダミーモデルをチェックします。

s-watermarked-DSC03270.jpg
カメラ(レンズ)を「iPhone 15 Pro(ダミーモデル)」と比較。本体サイズは、ほぼ同じですが、レンズは小さく2眼となっています。

s-watermarked-DSC03284.jpg
無印もiPhone 14との大きなデザインの違いは無さそうです。ただProと同じくエッジ部分が丸みを帯びてます。

s-watermarked-DSC03275.jpg
s-watermarked-DSC03277.jpg
左右の側面は、こんな感じ。やや薄い厚みですが「iPhone 15」の実機はもう少し厚みがあります。

s-watermarked-DSC03282.jpg
待望のUSB-C端子ですが、MFi認証が必要というのは事実なのでしょうか?実機で確認したいですね。

s-watermarked-DSC03255.jpg
「iPhone 15 / iPhone 15 Pro」のダミーモデルは、あくまでも非公式のコールドモックなので、質感が微妙で作りがやや雑ではありましたが「iPhone 15シリーズは、こんな感じになるのか」と大雑把な感じで分かってきました。

質感は全く違うと思いますが、iPhone 14シリーズと極端な違いは無い印象です。エッジが丸みを帯びているので、持ちやすくはなっているかも。あと「iPhone 15 Pro」は、チタニウムの採用で重量(187g)が軽くなっている所が嬉しい変更ですね。何はともあれ、本物の「iPhone 15 Pro」が手元に届くのを今から楽しみにしています。

当ブログでは「iPhone 15 Pro」のナチュラルチタニウムをレビュー予定でございます。もちろん次回のレビューは本物(実機)で紹介しますw

この記事へのコメント